看護師の副業おすすめ3選!資格を活かして働きたい人向けの情報を紹介

看護師として働いているものの、「本業だけでは満足できない」「副業で収入を増やしたい」という考えの方も少なくありません。しかしいざ始めようと思ったものの、どの副業が自分に合っているのかがわからず、なかなか始められない方もいるのではないでしょうか。

本稿では、看護師におすすめの副業として「検診ナース」「イベントナース」「Webライター」の3つを紹介します。看護師の副業に関する情報や注意点を知りたい方、副業で人生を充実させたい方はぜひご覧ください。

看護師の副業1: 検診ナース – ルーティンワークが好きな方向け

検診ナースとは、検診(健診)センターで働く看護師のことです。正社員として働く方もいますが、単発バイトとして働くこともできます。

検診ナースは、検診センターや巡回検診(会社・自治体向け)で、身体測定や採血、検査補助などを担当します。

検診ナースのメリット・デメリット

検診ナースとして働くメリットは、残業がほとんどないため、プライベートの予定を組みやすい点です。

職場にもよりますが、土日や祝日、長期休暇(お盆・ゴールデンウィーク・年末年始)などは基本的に休めます。ワークライフバランスを実現したい方、子育て中で保育園の送り迎えがある方にはおすすめの副業です。

検診センターを訪れる方の多くが健康な人であるため、患者さんの急変に対応することはほとんどありません。病棟での勤務と比べると、心身への負担が少なめといえるでしょう。

検診ナースのデメリットは、求められる看護技術が限定的である点です。ルーティンワークが中心となるため、病棟で働く看護師と比べると、全般的なスキルアップは難しくなります。また、検診ナースは採血技術の高さが求められるので、採血が苦手な方は苦労しやすいでしょう。

検診ナースはいくら稼げる?収入の目安

検診ナースとして働く場合、収入の目安は時給1,200円~2,000円です。勤務する地域、担当する検査の種類によっても相場は異なります。

検診ナースがおすすめな人

  • ルーティンワークが好きな人
  • 病棟での働き方にストレスを感じている人
  • 日勤の仕事をしたい人
  • プライベート重視で働きたい人
  • 採血技術に自信がある人

看護師の副業2: イベントナース – 人気の単発バイト

イベントナースとは、お祭りやスポーツ大会、コンサートなどのイベント会場で働く看護師のことです。イベント中に医務室や臨時の救護室で待機して、けが人や急病人に対して応急処置や病院への受診勧奨、救急搬送の手配などを行ないます。

週末やゴールデンウィーク、お盆など、イベントが多数開催される時期に募集が増えやすいです。

イベントナースのメリット・デメリット

イベントナースのメリットは、けが人や急病人がいなければ、待機中にイベントを楽しめる点です。「イベントの雰囲気を少しでも味わいたい」「裏方でも良いから関わりたい」という人にも人気があります。

イベントナースは基本的に単発バイトですので、自分の好きな日程で働けます。イベントごとに働く場所が変わるため、人間関係の悩みも少なめです。医療系以外の人たちとの交流が増えるので、新鮮な気持ちで働くことができるでしょう。

イベントナースのデメリットは、日によって忙しさにバラつきがある点です。夏場の熱中症が多い時期には、けが人や急病人が増えやすい傾向にあります。また、イベントが少ない時期には求人数が減るため、年間を通して安定的な収入を得たい方には物足りないかもしれません。

イベントナースはいくら稼げる?収入の目安

イベントナースの収入目安は、日給で1万円~1万5,000円程度です。イベントごとに勤務場所が異なるため、交通費の有無についても併せて確認しておきましょう。

イベントナースがおすすめな人

  • 自分の都合の合う日だけ働きたい人
  • イベントに関わりたい人
  • 人脈を増やしたい人
  • 人間関係で悩みたくない人
  • 自主的に行動できる人
  • 一定の看護技術・経験がある人

看護師の副業3: Webライター/監修 – 在宅OK!本業にもできる

Webライター

近年看護師からの注目を集めているのが、在宅で働けるWebライターです。看護師ライターは医療系の案件に対応できるため、需要が高く重宝されます。

看護師ライターが実際に担当するのは、以下のような記事作成です。

  • 看護師として働いた体験談
  • 看護師の就職・転職、仕事先の選び方
  • 病院や治療など医療系の解説

医療系のメディアでは、記事の品質を担保する「監修者」として活躍できます。

Webライターのメリット・デメリット

Webライターのメリットは、在宅で自分の好きな時間に働けることです。スケジュールを自由に組めるので、プライベートの都合に合わせて仕事量を調整できます。

看護師として働いた経験を活かして、専門性の高い記事を担当することも可能です。医療系ライターとしてアピールしていけば、「医療系の知識がないと担当できない案件=高単価な案件」を獲得しやすくなります。

Webライターのデメリットは、案件を安定的に獲得するために、努力と工夫が必要であることです。単価が安すぎる案件もありますが、執筆経験を積んでクライアントからの信頼を獲得していけば、徐々に単価も上がっていきます。

Webライターはいくら稼げる?収入の目安

Webライターは文字単価(1文字○円)のような報酬設定です。まれに記事単価(1記事○円)の案件もあります。

Webライティングの募集には、「1文字0.1円」という低単価の案件も存在しますが、専門知識のある看護師ライターは報酬が高めです。

1時間あたりの収入は、個々のライティングスピードによって変わってきます。例えば「1文字3円」の設定なら、「1,000文字で3,000円」を獲得できる計算です。単価を上げて、本業以上に稼ぐ方も少なくありません。実力が反映されるため、ライティング技術を磨いて収入アップも目指せます。

Webライターがおすすめな人

  • 自宅で働きたい人
  • 好きな時間に働きたい人
  • ライティング技術を磨いて高収入を得たい人
  • 文章を書くことが好きな人
  • 一人で黙々と作業するのが好きな人

記事監修について

Webライターと同じく、Web上の記事を扱う仕事に「記事監修」があります。一般のWebライターが書いた記事を、偽りがないか、正しい表現なのか、といった観点からチェックし、記事の質を担保する仕事です。案件によっては、写真やプロフィールを載せることもあります。

社労士の資格を生かしてできる記事監修はチェックする文字数にもよりますが、1記事5,000-10,000円程度が相場です。Webライターには興味があるが執筆は苦手、という方に特におすすめです。

看護師ライターで稼ぐなら「サクラサクワークス」での案件獲得がおすすめ

Webマーケティング特化クラウドソーシングのサクラサクワークス

看護師ライターとして活躍したいなら、Webライター向けのクラウドソーシング「サクラサクワークス」を試してみてはいかがでしょうか。

SEOの実績豊富な「サクラサクマーケティング」が運営

サクラサクワークスの運営母体は、SEO歴10年以上の「サクラサクマーケティング」です。長年のSEOコンサルティングで得たノウハウをもとに、企業向けの高品質なコンテンツを提供しています。

「1文字2円以上」の高単価案件が多数

一般的なクラウドソーシングの案件は当たり外れが大きく、単価が低すぎる案件や搾取目的の案件も少なくはありません。サクラサクワークスなら全体の約77%が、文字単価2円以上の高単価案件です。

サクラサクワークスで仕事を受けた場合は、システム手数料もかかりません。クラウドソーシングにありがちな「安すぎる文字単価」「高すぎる手数料」に悩むことがなくなるでしょう。

担当ディレクターによるサポート体制も万全

サクラサクワークスでは、ライターとクライアントの間に担当ディレクターが入ります。クライアントと直接やり取りする必要がないため、ライティングだけに集中すればOKです。

案件の内容で気になること、困ったことがあれば、メッセージ機能で担当ディレクターに相談できます。

【看護師×Webライター】副業をする際のよくある質問

看護師ライターの副業をするなら、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

そもそも看護師って副業OK?

看護師の副業が認められているかどうかは、職場のルールによります。「完全にNG」「分野によってはOK」などの独自ルールがあるため、事前に就業規則を確認しておきましょう。

禁止されている副業を勝手に行なうと、減給や解雇処分の対象となるおそれがあります。「黙っていればバレない」と思っていても、バレる可能性は完全にはなくなりません。就業規則をよく確認して、認められている範囲内で副業を行ないましょう。

看護師の副業でも確定申告は必要なの?

副業で稼いだ所得が「20万円超」の場合は、確定申告の手続きが必要です。副業の確定申告をしないまま放置すると、税務署に指摘されたときに延滞税・無申告加算税を追加で支払わなくてはなりません。

確定申告書の提出は、毎年2月16日~3月15日の期間に行なうのが原則です。書類の準備にある程度の時間がかかるため、余裕があるうちに早めに着手しましょう。

確定申告の期限を過ぎた場合も、期限後申告が可能ですので、できるだけ早めに申告を行なってください。

看護師の副業がバレないようにするには?

職場で副業が禁止されているなら、リスクを冒して副業にチャレンジするのは避けたほうがよいでしょう。どうしても副業をしたいなら、以下のような対策が必要です。

  • できるだけ職場から遠い場所で働く
  • 副業をしていることを人に言わない
  • 本業をおろそかにしない
  • 住民税の納付方法を「普通徴収」に変更する

本業の給料から住民税を天引きされている場合は、特別徴収から普通徴収に徴収方法を切り替えましょう。副業の収入が増えると住民税が増えるため、会社にバレるリスクが高まります。

しかし、上記の対策をとったとしてもリスクは付きまといます。極力本業で許可を取るようにしてください。

【法人様向け】自社メディアを強化!法人様向けに看護師ライターを紹介します

サクラサクワークス for Biz

サクラサクワークスでは、自社メディアを持つ法人様向けに、看護師の専門資格を持つライターを紹介しております。例えば、以下のようなお悩みがある法人様におすすめです。


  • 自社メディアに、看護師目線の専門的な記事を投入したい
  • 医療系メディアの監修者を探してほしい
  • 自社メディアが検索上位に表示されず困っている
  • これから新規サイトを立ち上げたい
  • 記事制作にかけていた時間をなくして、他の業務に集中したい

サクラサクワークスではライターが記事を納品したあと、編集者と校正担当者による目視チェック・修正が入ります。品質管理を徹底しており、ファクトチェック・コピーチェックも万全です。

SEO対策の実績豊富なサクラサクマーケティングだからこそ、読みやすくて高品質な記事を提供できます。

まとめ

看護師の資格を持っているなら、病棟やクリニックで働く以外にも、たくさんの選択肢があります。

今の仕事が合わないと感じていても、他の仕事なら楽しく働けるかもしれません。特にWebライターは今までの勤務形態とは異なりますが、在宅で働きたい方、自分のペースで働きたい方にはおすすめの仕事です。

看護師ライターに少しでも興味があるなら、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

  1. 社労士が取り組める副業3選!仕事内容や収入の目安を紹介

  2. 行政書士の資格を活かせる副業3選!自分に合った働き方で収入アップ

  3. 薬剤師の副業ならコレ!おすすめの副業3選と収入相場、副業時の注意点を解…

  4. 宅建士におすすめの副業3選!メリット・デメリット&収入相場も解説

  5. 医師におすすめの副業を紹介!メリット・デメリットや収入相場も解説

  6. FPの資格を活用できる副業3選!メリット・デメリットや始め方も解説