宅建士におすすめの副業3選!メリット・デメリット&収入相場も解説

・宅建士の資格を取ったのはよいけど活かし方が分からない

・資格を持っていても平日昼間は活動できない

・宅建士の資格を楽しみながら副業をしてみたい

このような悩みを持った方でも、宅建士の資格を副業で活かす方法はあります。宅建士とIT分野を上手くかけ合わせることで、リモート勤務・動画編集・ライティングなどさまざまな角度から与件を獲得できます。

今回は、宅建士資格を副業にどう活かせばよいか3つの方法を紹介します。これから副業で稼ぎたい方、スキルアップを図りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「サクラサクワークス」について詳しく見る

※弊社クラウドソーシングサービスとなります
※法人担当者様向けで宅建士をお探しの方もご連絡下さいませ

宅建士の副業1週末宅建士:IT重説でチャンスが広がる

まずは、週末の空き時間を利用して人手不足の不動産会社で働く、「週末宅建士」のメリットやデメリット、収入相場などを見ていきましょう。

メリット・デメリット

そもそも宅建士は、不動産取引において、重要事項の説明、重要事項への記名・押印などの「独占業務」を行なえる士業です。週末宅建士の需要は高く、土日を使った副業収入を得やすい点がメリットといえます。

週末はもちろんのこと、1~3月頃の不動産業界の繁忙期は、特に高需要が期待できるでしょう。

ただし、週末という限られた時間の稼働となることで、顧客に対する説明が不足するおそれがある点はデメリットです。リスクを回避するためには、平日の空き時間なども利用して、週末宅建士として取り扱う物件情報を常に収集しておかなければなりません。

副業とはいえ、最終的な不動産の契約締結には、宅建士としての手腕が問われます。短い時間でもしっかりと成果を出せるように、常に知識をアップデートしたり、宅建マイスター(上級宅建士)の資格取得を目指したりする必要があるでしょう。

今のトレンドは「IT重説によるリモート勤務」

週末宅建士として勤務する職場によっては、IT重説の導入によって、リモート・在宅勤務が可能な職場もあります。IT重説とは、2017年10月より運用がスタートした、タブレットやパソコンなどのIT機器を利用した重要事項説明のことです。

顧客とのコミュニケーションが可能なオンライン環境が整っていれば、自宅からでも勤務できるため、通勤にかかる時間を省いてスマートに働けるでしょう。

週末宅建士はいくら稼げる?

一般的に、週末宅建士の時給相場は900~1,500円程度です。アルバイトやパートの雇用形態で雇われるケースが多いです。

例えば、時給1,000円で毎週土曜日に6時間勤務した場合、1ヵ月(4週)あたりの収入は2万4,000円です。

宅建士の副業2資格講師:YouTubeで稼ぐことも可能

次に、宅建に関する資格講師YouTuberとして副業をスタートさせたときのメリット・デメリット、トレンドなどを紹介します。

メリット・デメリット

宅建の資格講師YouTuberとして情報発信する副業は、元手をかけずに手軽にスタートできる点がメリットです。動画編集やサムネイル作成が好きな方であれば、趣味の延長線上として続けやすいでしょう。

ただし、動画編集や文章作成の能力だけでなく、一定のトーク力が求められる点には注意しなければなりません。

また、YouTubeチャンネルを開設しても動画広告の収益がすぐに得られるわけではなく、規定の条件を満たす必要があります。収益化に向けた必須条件のなかでも、ある程度の時間を要するのは以下2つの項目です。

  • 公開動画の総再生時間が、直近12ヵ月で4,000時間を超えている
  • チャンネル登録者数が1,000人を超えている

上記の条件を満たして収益化を実現するには時間がかかるため、その間の副業収入は0円となることを覚悟しておかなければなりません。

人気チャンネルは「顔出し」がトレンド

宅建の資格講師として人気のYouTuberの多くは、顔を出して活動しています。そのため、顔出しの動画配信に抵抗がある方には、YouTubeは向いていないかもしれません。

顔出し以外にも、人気チャンネルとして動画の再生回数を伸ばすには、ほかのチャンネルと差別化したコンテンツ作りの能力も不可欠です。例えば、イラストの多用やテーマに合わせた構成、宅建試験で使える替え歌の導入など、オリジナリティを出してチャンネル登録者数を増やす工夫をする必要があります。

YouTubeはいくら稼げる?

一般的なYouTubeチャンネルの場合、1回あたりの動画再生で0.05~0.1円程度の収入が見込めます。例えば、再生単価が0.1円の場合、動画が10万回再生されたとしても、その収益は1万円です。

また、本業が忙しくてコンスタントな動画配信ができないと、視聴者が離脱して再生回数が伸びないおそれもあります。副業として安定的な収入を得るには、根気強く継続することが重要なポイントといえるでしょう。

宅建士の副業3: Webライター:時間と場所を選ばずに働きやすい

Webライター

続いて、宅建資格を活かしてWebライターとして副業を始める場合のメリット・デメリット、今後の需要などについて見ていきましょう。

メリット・デメリット

Webライターを副業に選ぶメリットは、時間や場所に縛られることなく、自由に働けることです。例えば、本業の始業前や終業後、休憩時間、週末の空き時間などを利用して、好きな場所で働けます。

宅建資格を保有する「宅建士ライター」として稼働することで、宅建資格の取得に向けた学習情報はもちろん、不動産売買や賃貸に関する情報など、幅広い分野で活躍できます。

一方、業務に慣れない時期は、想定以上に作業時間がかかる点はデメリットでしょう。なぜなら、Web記事を作成する際は、執筆作業に加えて、参照元のリサーチ作業も行なわなければならないためです。

しかし、タイピングの練習や基本的な文章作法の習得、収集した情報の蓄積によって、業務スピードを上げることはできます。

「宅建士ライター」は今後も需要が高い

近年のトレンドとして、宅建士ライターの需要は高まっています。宅建の有資格者を歓迎するクラウドソーシングサイトや、副業が可能な不動産メディアなどが増えているため、将来的な安定性が見込めます。

得意なジャンルで副業収入を得られるうえ、自身の努力次第でスキルアップできる点は、Webライターの魅力ともいえるでしょう。

Webライターはいくら稼げる?

Webライターとしての案件相場は、1本あたり3,000~5,000円程度です。仕事を受注するクラウドソーシングサイトやメディアにもよりますが、記事を作成する報酬金額は「1文字あたり1円」など、文字単価で決まることが大半です。

例えば、文字単価が1.5円で3,000文字の記事執筆案件を2時間でこなした場合、総収入は4,500円で、時給に換算すると1時間あたり2,250円の収入になります。

専門知識を持つ宅建士ライターとして実績を積めば、文字単価が高い案件にチャレンジできる機会も増えるため、さらなる高収入も狙えるでしょう。

始めやすさで考えるなら「Webライター × サクラサクワークス」

Webマーケティング特化クラウドソーシングのサクラサクワークス

これからWebライターとして副業収入を得たいという方には、Webライティング特化型のクラウドソーシングサイト「サクラサクワークス」の利用がおすすめです。

以下の項目では、サクラサクワークスで副業を始めるメリットを紹介します。

文字単価2円以上の案件が7割超

サクラサクワークスでは、文字単価2円以上の案件が全体の約77%を占めており、一般的なクラウドソーシングサイトの案件相場よりも高い傾向にあります。

ディレクター介入による高単価案件が多いのが特徴

なかには文字単価4円以上の案件もあるため、Webライターとしてのスキルが高ければ、高単価の案件を受注できる可能性もあるでしょう。

また、サクラサクワークスでは、以下のように豊富な実績があることも魅力です。

【サクラサクワークスの実績】

累計案件数5,376件
累計発注記事数1万5,501件
累計支払金額9,641万1,402円

※2021年5月時点

現在も新たな案件を日々発注しているため、Webライターとしてコミットすることで、継続的な副業収入を期待できるでしょう。

システム手数料は一切不要!

サクラサクワークスではシステム手数料が一切かからないため、手取り金額が減る心配はありません。一方、大手のクラウドソーシングサイトでは、以下のように受注金額に応じてシステム手数料が引かれます。

【大手クラウドソーシングサイトのシステム手数料相場】

受注金額(税込)システム手数料(税込)
10万円以下の部分20%
10万円超20万円以下の部分10%
20万円超の部分5%

特に、Webライターとして駆け出しの時期に「10万円超の案件」を受注するのは難しいため、上記の大手クラウドソーシングサイトを利用した場合、20%のシステム手数料が引かれる機会は多くなるでしょう。しかし、サクラサクワークスなら、受注金額からシステム手数料が引かれることなく、全額を報酬として受け取れます。

不明点はディレクターに質問できる

記事の執筆中に不明点や疑問点がある場合は、案件を担当するディレクターにメッセージで質問できます。経験豊富なディレクターがサポートしてくれる体制が整っているため、Webライターとしてデビューしたばかりの方でも安心です。

また、案件に関するクライアントとのやり取りは、ディレクター経由で行なわれるため、執筆業務に集中して取り組めることもメリットといえます。

宅建士が副業をする際のよくある質問

ここからは、宅建士が副業を始めるときによくある質問へ回答していきます。

名義貸しはOK?

宅建士として不動産業者に名義を貸す行為は、宅地建物取引業法68条で禁止されているため、絶対にやめましょう。場合によっては、宅建士としての「登録消除処分」が下されて、処分を受けた日から5年間は新たな宅建免許を取得できなくなります。

また、不動産の取引金額は大きいため、名義貸しでトラブルに巻き込まれた場合のリスクも高いといえます。

副業は会社にバレる?

一般的な会社勤めのサラリーマンの場合、給与計算の際にダブルワークが判明する可能性が高いでしょう。というのも、本業収入に副業収入が加わることで住民税額が高くなり、給与計算の担当者から副業収入を疑われるためです。

そもそも、勤務先の就業規則で副業が禁止されているにも関わらず副業に手を出してしまうと、減給や降格処分などの処罰が下されるおそれがあります。副業を始める際は、まず直属の上司へ相談して承諾を得てからスタートするのがおすすめです。

確定申告は必要?

副業の所得が年間20万円を超える場合は、確定申告が必要です。その際、所得が「売上から経費を引いて残ったお金」を指す点には注意しましょう。例えば、年間の売上が30万円で経費が15万円かかった場合の所得は15万円となるため、確定申告は必要ありません。

ただし、医療費控除やふるさと納税の適用を受ける場合は、所得が20万円以下であっても確定申告を行なう必要があります。確定申告書の提出期間は例年2月16日~3月15日のため、提出遅れがないようにしっかりと準備しておきましょう。

法人様向けに宅建士ライターの紹介も可能です

サクラサクワークスを運営するサクラサクマーケティングでは、法人様向けに宅建士ライターのご紹介もしています。宅建士としての知見を持つライターが執筆・監修するWebコンテンツを作成することで、オウンドメディアのブランディングや、サイト集客率アップの効果が狙えるでしょう。

また、サクラサクマーケティングへご依頼いただければ、記事制作に関するKW選定から企画立案、記事作成まで一括でご対応します。これまでのノウハウを活かしたSEOに強い記事制作を行なううえ、専門の校正・校閲・編集チームによる品質管理体制も万全です。

記事制作は1本からご依頼可能で、既存記事のリライトにも対応できます。記事制作でお困りの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

宅建士の副業のなかでも、時間や場所に縛られることなく自由に働きたいという方にはWebライターがおすすめです。

宅建士ライターの需要は高まっているため、専門家としての知見を盛り込んだ良質な記事を作成することで、安定的な収入を期待できるでしょう。

サクラサクワークスで宅建士ライターとして稼働すれば、システム手数料が一切不要で働けるうえ、高単価の案件受注も狙えます。

これから副業を検討されているという方は、ぜひ宅建士ライターとして一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 行政書士の資格を活かせる副業3選!自分に合った働き方で収入アップ

  2. プログラマー向けの副業とは?仕事内容や副業の注意点を解説

  3. 薬剤師の副業ならコレ!おすすめの副業3選と収入相場、副業時の注意点を解…

  4. 弁護士におすすめの副業3選!メリット・デメリット&収入相場も解説

  5. 看護師の副業おすすめ3選!資格を活かして働きたい人向けの情報を紹介

  6. 医師におすすめの副業を紹介!メリット・デメリットや収入相場も解説