医師におすすめの副業を紹介!メリット・デメリットや収入相場も解説

医師の資格を活かせる副業は多数ありますが、どのような業務が自身に適しているのかは人によって大きく変わるはずです。

医師の資格を生かした副業の場合、本業と副業の両立、報酬、時間、社会貢献、さまざまな観点から考える必要があります。しかし、自身に適しているかを考えると、まずは選択肢をしっかり理解してメリット・デメリット含めて検討することをおすすめします。

この記事では、医師の資格を活かせる副業について、メリットやデメリット、収入の相場などを解説します。ご自身に最適な副業を見つけるお手伝いができると幸いです。

なお、この記事で紹介する「Webライター/記事監修」にすで興味のある方は、ぜひ一度Webマーケティング特化クラウドソーシングの「サクラサクワークス」をご確認ください。

医師の副業1:スポットアルバイト

1つ目に紹介するのは、定番ではありますが、人手不足の医療機関などで勤務する「スポットアルバイト」です。

メリット・デメリット

スポットアルバイトのメリットは、常勤や定期非常勤よりも自由度が高いことです。特に、年末年始などの求人が増える時期には、常勤先の休日を有効活用できるのが魅力といえるでしょう。

また、スポットアルバイトを募集している医療機関は、急遽医師を集めなければならない状況のため、報酬が高くなる傾向にあります。

ただし、自身の都合に適した求人が必ず見つかるわけではなく、収入の計画を立てづらいといったデメリットがあることに注意が必要です。

さらに、スポットアルバイトは、毎回環境や業務内容に違いが生じます。アルバイト先ごとに慣れる必要があるため、報酬の高さだけで応募するのは避けたほうがよいでしょう。

スポットアルバイトは経験値アップを目指す人におすすめ

患者の診療や健康維持といった目的はどこの医療機関にも共通しますが、推奨する治療法などは勤務先によって異なることもあります。

そのため、さまざまな臨床を経験することで、知識の強化や手技のスキルアップを目指すことが可能です。

さまざまな医療機関を体験できるスポットアルバイトなら、常勤先とは異なる医療機器、業務、症例などに触れられるため、医師としての経験値アップが実現するでしょう。

また、常勤先以外の人脈も形成され、これまでに経験したことのない刺激を受けられる可能性があります。今後の方向性や仕事への姿勢などが変化し、医師として成長するきっかけになるかもしれません。

収入の相場

医師全体のアルバイト時給は、平均10,000円ほどとされています。しかし、担当する科や業務によって変動があるため、複数の求人を比較検討してみてください。

また、当直のアルバイトを行なった場合は、1回の勤務で10万円ほど稼げる求人もあります。ただし、この場合も勤務内容によって違いがあることに注意が必要です。

求人を探す際は、相場価格だけを参考にするのではなく、自身が対応できる求人なのかを見極める必要があります。アルバイト経験が浅く、見極めが難しいと感じる際は、転職エージェントなどに相談すると安心です。

医師の副業2:医療系のセミナー講師や講演

医師の専門知識を活かせる副業には、セミナー講師や講演も挙げられます。通常業務とは異なる仕事が求められるため、どのようなスキルが必要なのかを理解しておくことが大切です。

メリット・デメリット

セミナー講師を務めるにあたり、取得するべき資格は特段設けられていません。そのため、特定分野の専門知識を持っている人なら、誰でも開催できるのがセミナー講師を務めるメリットといえるでしょう。

また、企業からのオファーでセミナー講師を務める際は、高額な謝礼をもらえるだけでなく、知名度やキャリアにも良い影響が期待できます。

しかし、説得力のあるセミナーを行なうためには、ある程度の実績が必要です。最新医療の研究を行なっていたり、経験を活かした著作物があったりと、注目度の高い取り組みを行なっていることが望ましいでしょう。

また、自身で開催するとなれば、開催に要する費用を捻出しなければなりません。セミナー内容に合わせた資料を作成したり、費用をまかなえるだけの集客スキルが必要だったりと、デメリットと考えられる要素も少なくありません。

セミナー講師や講演にはコミュニケーションスキルも必要

セミナーや講演の講師を務める際には、講演内容の質を高めるようなコミュニケーションスキルが求められます。

参加者にとって有意義な内容にするためには、必要とされている内容をわかりやすく伝え、興味を引き出すような話し方が重要なポイントになるでしょう。

セミナー講師で副業収入を増やしたい場合は、スキルの強化に効果的な養成講座を受けるのが賢明です。近年の講座では、トークスキル以外にも、集客方法についても学べるカリキュラムがあります。あらゆるスキルを磨けば、講師としての信頼も強まり、副業の幅を広げられるでしょう。

収入の相場

製薬会社などの依頼で講演を行なった場合の相場は、10万円~20万円ほどと考えられます。具体的な金額は、製薬マネーデータベース「YEN FOR DOCS」のデータを参考にするのも有効です。

データを確認したところ、講演以外の報酬も含まれますが、ある製薬会社が医師に支払った報酬の平均額は、1人あたり14万9,637円であることがわかりました。

講演時間が1回あたり2時間ほどと考えれば、非常に高単価な副業です。

しかし、自身で開催する場合の報酬は、セミナー対象者や実績を考慮すると参加費を高額にできないケースがあるため、必ずしも高単価が期待できる副業とはいえない可能性があります。

また、会場費や人件費、広告費などを支払えば、儲けがなくなる可能性もあるでしょう。

医師の副業3:医療系のWebライター/記事監修

医師におすすめの副業 – 監修

最後に紹介するのは「Webライター」です。記事を執筆するうえで重要なことは何なのか、医療系Webライターに求められることについて解説します。

メリット・デメリット

Webライターとして執筆作業する場合は、自宅や勤務先での執筆も可能です。隙間時間を有効活用でき、自身の都合を優先できるメリットがあります。

また、執筆した分の報酬が得られるため、着実に稼げるのもWebライターの魅力といえるでしょう。一度身に付けたライティングスキルは他の案件にも活かせることから、活躍の場を広げられる可能性も考えられます。

執筆作業では、必要な情報のリサーチや、読みやすい文章を書くためのライティングスキルも必要です。そのため、執筆に慣れるまでは、安い時給で取り組まなければならない可能性が考えられます。

しかし、専門知識があれば効率的にリサーチできるケースも多く、クライアントが用意したマニュアルに沿って作業すれば自然と慣れていくものです。デメリットに感じる要素でも、とらえ方によっては取り組みやすい副業といえるでしょう。

専門性の高い医療系Webライターは今後もニーズがある

インターネットの普及により、医療をテーマにしたコンテンツが数多く発信されるようになりました。

しかし、低品質の記事は読者に悪影響をおよぼす可能性があるため、専門知識を持っているライターの需要が高まっているのです。

また、数あるWebサイトのなかで多くの人に読んでもらうためには、品質を高めて他の記事と差別化する必要があります。

医療系の記事で読者の信用度を得るためには、医師の資格を持った人が執筆するのが効果的です。そのため、医師の資格を持ったWebライターは、今後も高い需要が見込めるでしょう。

収入の相場

医療系など専門性が高い記事の場合は、文字単価3円以上が相場と考えられます。文字数が多い記事になれば、記事単価1万円以上になることも珍しくありません。より専門性が高い内容の場合は、文字単価10円以上の案件もあります。

例えば、文字単価3円、3,000文字の記事を執筆する場合。1記事あたりの報酬は9,000円、時給換算した場合、2時間で仕上げられれば時給4,500円となります。

初めての執筆では時間がかかることもありますが、書き慣れることで時給アップ、案件によっては単価アップも期待できるでしょう。

記事監修

執筆とは別に、記事の監修だけを行うお仕事もあります。一般のWebライターが書いた記事を、偽りがないか、正しい表現なのか、といった観点からチェックし、記事の質を担保する仕事です。案件によっては、写真やプロフィールを載せることもあります。

社労士の資格を生かしてできる記事監修は、文字数によってもかわりますが、1記事5,000-10,000円程度が相場です。Webライターには興味があるが執筆は苦手、という方に特におすすめです。

医師が副業を始めるなら「Webライター×サクラサクワークス」

Webマーケティング特化クラウドソーシングのサクラサクワークス

サクラサクワークスは、Webマーケティングの業務に特化したクラウドソーシングサイトです。初心者でも取り組みやすいサクラサクワークスなら、医師としての専門知識を活かした副業が実現するでしょう。

高単価案件が多数ある

一般的なクラウドソーシングでは、文字単価0.5円といった案件も存在し、効率良く稼げないケースがあります。しかしサクラサクワークスが扱っている案件の約77%は文字単価2円以上。副業としてのやりがいを感じられるでしょう。

また、クラウドソーシングサイトを利用する場合、システム利用料として15%~20%ほど支払わなければなりません。しかしサクラサクワークスを利用する際はシステム利用料を支払う必要がないため、稼いだ報酬が全額受け取れるのも魅力です。

案件を受注する手間が少ないので取り組みやすい

クラウドソーシングサイトで仕事を受注するには、公募案件に見積りを提案したり、作品を提出したりする必要があります。それでも確実に受注できるとは限らず、案件ごとに提案し続けなければなりません。

サクラサクワークスでは、会員のプロフィール内容をもとに担当ディレクターが直接依頼することもあるため、受注する手間が少ないのが特徴です。

プロフィールを登録する際は、サンプル文章も登録することでライティングスキルをアピールできます。プロフィールを充実させることで、案件獲得の確率を高める効果が期待できるでしょう。なお、案件ごとにプロフィール登録を編集する必要はありません。

フィードバックが受けられるので仕事しながらスキルアップも可能

サクラサクワークスで記事を執筆した際は、納品後にフィードバックを受けられる機会があります。フィードバックの内容によって修正点や留意点などがわかるため、自身の改善点などに気付くことが可能です。

フィードバックで改善点がわかれば、次回の執筆時に反映させてより品質の高い記事を納品できます。高品質な記事を納品すれば、今後の依頼数が増えることも期待できるため、より稼ぎたいと考えている人にとってうれしい環境といえるでしょう。

医師の副業でよくある質問

ここでは、医師の副業についての疑問を解消しましょう。

医師なら誰でも副業は可能?

臨床研修に専念しなければならないため、初期臨床研修医のアルバイトは医師臨床研修制度によって禁止されています。

また、公立病院の勤務医は、公務員の立場であり、地方公務員法によって禁止されているため副業は行なえません。また、常勤先の就業規則で禁止されている場合も副業は行なえないので確認しておきましょう。

本業先に内緒で副業を始める方法はある?

副業で年間20万円以上の収入があった場合は、確定申告を行なわなければなりません。この際、所得金額に応じて課税された住民税は、常勤先で天引きすることになるため、副業していることはバレてしまうでしょう。

内緒で副業を行なうと罰則を受ける可能性もあるため、事前に相談してから取り組むのが賢明です。

医師の資格にこだわらず他分野の副業を始めたほうが稼げる?

医師の資格にこだわらなければ、株式投資や不動産投資などを副業にすることも可能です。

しかし、株式投資は確実に儲かるという保証はなく、不動産投資も初期投資が大きいなどの問題点があります。医師の資格を活かした副業なら、着実に稼げるだけでなく、経験値アップも可能なため、資格を活かせる副業を検討してみてはいかがでしょうか。

【法人様向け】医師の専門知識を持ったライターを紹介できます

サクラサクワークス運営元「サクラサクマーケティング」では、医師の資格を持ったライターの手配が可能です。そのため、専門性の高い記事を作成する際も、高品質な内容に仕上げられます。

記事を上位表示させるためには、キーワードのインテントや競合の記事内容、ユーザーニーズを把握することが重要です。サクラサクマーケティングは、SEO専業企業としてのノウハウを駆使し、上位表示に効果的なコンテンツの企画、記事作成を行ないます。

サクラサクワークス for Biz

記事を1つ作成するだけでも、企画の設計やライターのアサイン、校正、コピーチェックなど、あらゆる業務をこなさなければなりません。

サクラサクマーケティングは、これらの業務を一括で引き受けるので、企業担当者の負担軽減にも貢献します。専門性の高い記事を作成する際は、お気軽にご相談ください。

まとめ

医師の資格を活かせる副業を探す際は、得られる収入だけでなく、その仕事のメリットやデメリットにも理解を深めることが大切です。

また、始めようとしている副業が、自身に務まるのかを考慮し、本業に支障をきたさずに続けられるかどうかも判断しなければなりません。

自身の都合を尊重し、専門性を活かした副業を行なうなら、医療家のWebライターがおすすめです。Webライターとしての経験がなくても、実際に記事を書くことでスキルが身に付き、高単価案件に挑戦する機会も得られます。始める際のハードルもそれほど高くないので、着実に稼ぎたい人におすすめです。

関連記事

  1. 看護師の副業おすすめ3選!資格を活かして働きたい人向けの情報を紹介

  2. 宅建士におすすめの副業3選!メリット・デメリット&収入相場も解説

  3. 社労士が取り組める副業3選!仕事内容や収入の目安を紹介

  4. 薬剤師の副業ならコレ!おすすめの副業3選と収入相場、副業時の注意点を解…

  5. FPの資格を活用できる副業3選!メリット・デメリットや始め方も解説

  6. 弁護士におすすめの副業3選!メリット・デメリット&収入相場も解説